カジノは顔認証システムを導入しているか?

最高峰のオンラインライブカジノをベラジョンのライブカジノでプレイ!

この質問をセキュリティ技術の専門家に尋ねれば、一部のカジノでは顔認証システムが採用されており、他のカジノもそうすべきだと言うことでしょう。

ギャンブル業界では、このセキュリティシステムを導入する体制が完全に整っています。一般市民が入ることのできないカジノでは当然必要となるシステムですが、通常のカジノであってもそのニーズは十分にあります。

顔認証システムとは、カメラによるライブ映像を追跡し、行動につなげることができるリアルタイムのデータを提供することで、リアルタイムのイベントに使用することができるようなシステムです。カジノは多くの来場者で混雑しているのが常ですが、警備員はそのような場所にいるすべての人をあらゆる危害から守る責任を負っています。このシステムによって、警備員はライブ映像からなるデータベースを基に犯罪者を洗い出し、来場者の中から該当する人物を未然に排斥することができるのです。カジノの経営陣や警備責任者は非常に困難で責任の重い仕事を日々行っていますが、顔認証システムがあれば、そのような日常業務を軽減することができるのです。

つまり、このシステムがあることで、カジノは迷惑プレイヤーや不審者、あるいは他人を騙そうとするプレイヤーなどが潜入することで起こりうる被害を最小限に食い止めることができるようになるのです。

アメリカのカジノを例にとると、カジノでは入場の際に身分証を確認するような作業が行われていないため、不審者は簡単に入り込むことができます。そして、そのようなプレイヤーは何千ドルというお金を勝ち取り、経営側が気付く前に、あるいはセキュリティシステムが問題を探知する前に素早く立ち去ってしまうのです。顔認証システムはセキュリティを強化する上での追加対策として有効で、立ち入り禁止エリアや出入り口における監視も可能になります。

顔認証システムを導入することは、カジノの経費削減に反するのではないかと疑問に思う人もいるでしょう。技術関係の専門家は、カジノに顔認証システムを導入することで、人件費を容易に削減することができると話しています。実際、入り口や立ち入り禁止のフロア、あるいはセキュリティシステムが搭載されたエリアに出入りするすべての人物をスキャンするニーズが生じた際に、顔認証システムがあれば、それらの人物の身元確認をする警備員を追加する必要がなくなります。このように、カジノは追加経費をかけることなく、カジノ内で円滑に運営を管理することができるようになるのです。

さらに顔認証システムは、ハイローラー(高額ベットを行うプレイヤー)に対して、ライブ映像を通した監視を強化し、経営側が彼らを特定できることで、心配することなく一晩中賭けを続けてもらうこともできます。彼らのようなハイローラーや荒稼ぎをする大物たちがゲームテーブルに置く金額でさえ、彼らが購入したAIチップの金額を計算することで容易に認証することができるのです。

来場者の側からしても、警備チームがセキュリティ保護の手段として、映像を記録する必要があることを理解しているため、プライバシーに関して心配する人もいません。むしろ、テーブルにいるかもしれない詐欺師を識別してもらえるため、来場者達はこのセキュリティシステムが自分にとっても有益なものだと感じています。不審な人とテーブルで同席したいと思うギャンブラーは、そうはいないものです。

一部の専門家は、今回のパンデミックによって、新たなポリシーや手続き、あるいは技術が採用されることになるだろうと予測しています。カジノも世の中の状況によって進化していくのです。

Posted by Uchikoshi Fujio

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments